幼保一元化−保育士資格ガイド
保育士資格ガイド
幼保一元化

 幼保一元化とは、幼稚園と保育所の機能を統合させて一つの施設にする事です。
 最近、幼保一元化の動きが活発化しつつあります。保育士は、幼稚園教諭に比べて子どもと接する時間が長いです。これは、「親に代わって保育を行う」という保育士の仕事と、「教育をする」という幼稚園教諭の仕事の最も違う点と言えるのでしょう。共働き家庭の増加に伴い保育所のように長時間の保育を希望する保護者も増えてきました。そのため、幼稚園が「預かり保育」として、教育の時間が済んだ後も児童を預かり、保育を行う幼稚園も現れはじめました。
 幼保一元化は、少子化の進行、育児サービスの多様化に伴って生じている幼稚園と保育所の抱える問題点を解決するため、幼稚園と保育所の一元化を図ろうとする政策なのです。


保育士資格TOP


Copyright(C) 2009
保育士資格ガイド

幼保一元化−保育士資格ガイド