食事・おやつ−保育士資格ガイド
保育士資格ガイド
食事・おやつ

 年齢が低ければ低いほど、胃の容量が小さいため、一度の食事でたくさん食べることができません。
 そのため、1度〜2度のおやつを食べさせることで、十分に栄養をとれるように配慮します。

 1歳児〜2歳児のクラスでは、昼食の時間のほかに、午前中と午後に1度ずつ、おやつを食べさせることが多いようです。
 保育士は、食事、おやつを食べさせる際、必要に応じてフォローを行います。同じ1歳児であっても、生まれた月によって、発達の度合いが大きく違います。そのため、食事の際にどのようなフォローが必要か、食事にどの程度時間がかかるのか、ということは、大きく異なります。食欲の有無、普段との違いをよく観察して、気がついたことは細かく、日誌や連絡帳に記入するようにします。このことで、他の保育士や保護者との連携も図ることができます。

 そして昼食の時間まで、保育所では、屋外で遊ばせているケースも多いので、必ず手洗いの指導を行い、保育士自身も、必ず手を消毒してから食品を扱うなど、非常に厳しい注意が必要です。

 また、子ども達へのフォローも大切ですが、配膳、後片付けなどを、同時並行で進めることになり、保育士の仕事は、大変忙しくなります。昼食の前後に、あまり激しい運動、遊びをさせると、食欲にも影響しますので、その点でも配慮が必要です。
 食事のしつけを教えるとともに、偏食の子どもには、最後まで食べるように導き、子どもたちが美味しく、楽しく、豊かな心で味わえるような食事環境を作るのも保育士の仕事といえます。


保育士資格TOP


Copyright(C) 2009
保育士資格ガイド

食事・おやつ−保育士資格ガイド