昼寝−保育士資格ガイド
保育士資格ガイド
昼寝

 保育所では、子どもを長時間預かるため、子供がもっている身体のリズムに合わせて、昼寝の時間を設けています。
 0歳児〜1歳児までは、「眠りたいときに眠れる」という安心感を持たせることも大事です。
 就学年齢が近づいてくる5歳児、6歳児となると、昼寝をしなくなるようなリズムを、身につけさせることも大事になってきます。
 保育士は、子どもの昼寝の時間にも、たくさんの仕事があります。連絡帳をつけたり、保護者に子どもの様子を報告することが、毎日の仕事で非常に大切です。
 保育中に出た汚れものの処理などもこの間に行います。さらに、指導計画などの書類を作成したり、行事の準備、掲示物の作成などを行ったり、多数の仕事があります。


保育士資格TOP


Copyright(C) 2009
保育士資格ガイド

昼寝−保育士資格ガイド