延長保育−保育士資格ガイド
保育士資格ガイド
延長保育

 保護者が子どもを迎えに来るのは、16時ごろから17時ごろ、延長保育に入るのは18:00前(保育所によって違いはあります)にピークを迎えるというのが多いです。
 延長保育に入ると、預かっている子どもの人数が減りますので、子どもを一部屋に集めて、少ない数の保育士でも目が届くようにします。
 長時間、親が向かえに来られない子どもは、空腹を感じますので、おやつを与えたり、また、寂しい思いをしているのは子どもですので、保育士がそのような気持ちを受けとめることも、大切です。
 そして、最後まで残っていた子どもに、お迎えがきて、無事に送り出すことができたら、閉門・閉所となります。
 これまで、保育所での子どもの保育時間は、親の労働時間と保育所までの送迎時間をプラスしたものより短いところがあり、その不十分さが指摘され、そのため、仕事をあきらめざるをえなかった母親が後を絶ちませんでしたが、「延長保育」はその解消をはかるものです。


保育士資格TOP


Copyright(C) 2009
保育士資格ガイド

延長保育−保育士資格ガイド